勅使河原の情報収集

賢い日常生活ライフハックアイデアの箇条書き風まとめ

節約

野菜の使い残りを植えて二次収穫
キャベツやレタスはここんとこミニ葉ワサワサで一人分には十分な量採れてるよ。
最優等生は小松菜だ。いい土に植えれば市販品に劣らない葉が収穫できる。

 

アスパラの肥料食いはハンパじゃない。油カス、鶏糞を山もりどさっとやっても問題なし。

 

当初、商品になるレベルのレタスは30%程度。光の当たり具合が問題なのかと蛍光灯をたくさん当てると逆に小さくなったり、カルシウム不足の時に発生するチップバーンという生理障害が発生したり。養液が問題なのかと養分を変えてみたり、バランスを変えてみたりしてもダメだった。
プラント内の温度や湿度も外部環境に影響されて一定に保つのが難しかった。例えば、37度の夏の日には冷房がフル稼働するが、そうなると乾燥して湿度を保つのが難しい。

 

寒い日もまたしかりだ。稲田は扇風機1台をつけたり、消したりするような地道な作業を積み重ね、野菜の生育に最適な組み合わせを探っていった。
「ほかの植物工場は恐らく35日ぐらいで収穫すると思いますが、うちはおいしくて大きいレタスを作りたかったので、しっかり育てるために40日かけて育てます。
おいしくするためには光、水、空気のどれかが偏ってはだめで、トータルバランスが大事なんです。でも最初はそのポイントがわからなかったので、何度も実験しました。どこのポイントでも同じ温湿度、光の状態、風の流れを実現するのが非常に難しかったですね」

 

孤独のグルメは、セット代と役者費用最小限で済むから
月9あたりのドラマが1話3000~4000万掛けるのに対して
200万くらいで制作費済むらしい
リアル錬金術

 

俺、貧乏ごっこしてる。
給料もらったら、12万円だけ手元に残してあとの残りは銀行に預金。
そしたら、俺は手取り12万円の安月給サラリーマン、、、って自分自身に暗示をかけ、
そのお金だけで生活していく。
これを1年続けただけで、銀行預金残高が24万円になった。

 

「節約」というのはブルジョワの贅沢なお遊びであって、日々の生活に追われ時間も体力もない貧乏人にやれることではないです。それでも無理してやってる人は自分の睡眠時間と寿命を削ってるので節約になってない。大切なのはライフポイントの節約。

 
ししとうは稀に辛い奴混ざってる
種取って小さく刻んで炒めてカレーに入れると
スパイシーなカレーになってマジ美味しい
変にピリピリしたりもしないよ

 

幹線道路沿いにある駐車場もない小さい花屋がずっと潰れないのが不思議だわ
客入ってるのなんて見たことないレベルなのに
あれもやっぱり固定客がいるのかな?

多分そこ絶対潰れないよ
とんでもない大型受注してるタイプ
ウチは飲み屋と付合いめっちゃ長いから紹介紹介でどんどん顧客が増えていくんだが似たようなタイプだろう
小中学校と付合いあるとすごいらしいよ
 

キャバ嬢の誕生日イベントは本指名の客同士が
プレゼントやら花やらでしのぎを削るからなあ
 

そだね、店頭販売は限界がある
消費者として考えるとプレゼント用フラワーアート系は市街地のオシャレな店で買った方が気分いいだろうし
 

大量発注は必ずしも近場じゃなくてもいいんだよ。仮に
銀座の付き合いのあるクラブ→紹介→池袋のキャバクラ→紹介→新宿のキャバクラ
みたいな感じ。もちろん余程遠く無ければ県外も行くよ

 

花ってびっくりするくらい仕入値安いと聞くな

 

やっすいよ
よく店頭で出る榊は2束セットで400円で売ってるんだが仕入れは100円切るよ
花はちょっと高くて例に出した1本300円の薔薇串は仕入れ130円くらい
あと維持費がちょっとかかるね、電気代と水道代と薬品代が高い
 簡単に言うと
・水質調整の薬
・花の発色を良くする薬
・花を長持ちさせる薬
・殺虫防虫殺菌剤系全般
・肥料
・専用土

 

家を買うリスクについて「35年ローンで4000万円の家を買ったら、金利含め7000万円払うことになる。普段の細かな節約が一気に吹き飛ぶレベルの支出」そもそも、「自分のものになる」を過大評価しすぎ。こういう人は銀行の奴隷になる

 

住宅ローンを借りて住宅を取得したり、リフォームしたりした人は、年末時点のローン残高の1%が、所得からではなく、税額から控除されます。所得が3000万円以下で返済期間が10年以上あるなどの用件を満たす必要がありますが、ローン残高が3000万円ならその1%で最大30万円です。2年目からは年末調整で済みますが、1年目は確定申告が必要となります。

 

お子さんが学生で国民年金保険料を親が負担しているといった場合は、その保険料も「社会保険料控除」として所得から差し引けます。

 

意外と多くの人に該当するのが、「医療費控除」です。医療機関で支払った医療費や薬代、通院にかかった交通費などが高額になった場合、年間10万円または総所得の5%を超えた分が所得から控除されます。同居する家族の分も合算が可能。離れて暮らす親の医療費を負担した人はそれも合算できます。

子どもの歯列矯正費や腰痛の治療のためのはり師、きゅう師の施術料など、意外なものも対象になりますので、「医療費控除の対象となる医療費」として国税庁のホームページに掲載されている情報をチェックしてみましょう。

なお、これまで医療費控除を受けるには医療機関の領収書などを添付する必要がありましたが、2017年度からは添付せず、5年間、自宅で保存するように変更されています。

10万円もの医療費は負担していないという人でも、「セルフメディケーション税制」の対象になる可能性があります(医療費控除とどちらか一方を選択する)。

これは17年から施行されたもので、一定の健康診断(勤務先の検診など)を受けた人が、国が指定した医薬品などを購入した場合、年間1万2000円を超えた分が控除される、というものです。

 

もしまずいワイン買ってしまったらカクテルにするといいよ
赤とジンジャーエール=キティ
赤とコーラ=カリモーチョ
白とソーダスプリッツァー
白とジンジャーエール=オペレーター
これ気軽にできるからおススメ

 

ネタ抜きに一般とかわらん
2000万いくまでは年収500~700と同じくらいだから

 

年収2000万だと月の手取りが大体120万

飲み代に50万くらい使うのと900万弱の車を乗ってる以外は普通の人と変わらん
所得で3000万くらいになると使いきれなくなってくるけど今は年俸1800+αでちょうど2000くらい
数年前は3000だったから、これでもキツく感じる。慣れって怖いね
あとカネ持ってるから幸せとは限らんとつくづく思う

 

2000万いくまでは年収500~700と同じくらいだから

 

 

うちの世帯収支(世帯年収2200万)

月給155万
手取り110万

家賃(駐車場含)20万
光熱費2万
食費7万
交際費5万
衣料費4万
通信費2万
娯楽費3万
高速代・ガソリン代2万
 計45万
 貯金65万/月→780万/年

俺のボーナス手取り140万(額面200万)をさらに貯金するので1年の貯金額は920万