勅使河原の情報収集

賢い日常生活ライフハックアイデアの箇条書き風まとめ

投資戦略

買ったらじっと持っとけ

 

大逆転の投資戦略

1 仮想通貨

ビットコインイーサリアムリップル

もし、人民元時価総額になれば5倍、20倍、100倍

のチャンス。

無国籍通貨であれば、ドル以上の時価総額になる可能性もある。

通貨としての信用が上がれば、価値も上がる

半減期ETF参入可能性

 

2 金銀プラチナ

世界各国の大規模金融緩和、インフレ、経済破綻の保険になる。

 

有利な戦略

1 S&P500積立戦略

過去15年以上の期間で見るとマイナスになったことはない

 

チャレンジ戦略

1 割安高配当株キャピタルゲイン戦略

さらなる下落にはインカムゲインで粘る

 

含み損にビビるな。将来受け取る不労所得を意識しよう。

長く運用すればするほど、インカムの安定感が効いてくる。GPIFもこんな感じ

 

TLT、SPY、BND、GLDの4資産均等ポートフォリオ

暴落って何?みたいな素晴らしいポートフォリオ

 

SPYDが優れる期間・S&P500が優れる期間が定期的に入れ替わっているのではないか。

言い換えると、時価総額加重平均の爆伸びターンと均等加重平均の爆伸びターンがあるのではないか。

と僕は予想しています。

ということは、両方に投資することによって、同じインデックスを異なる投資方法で分散投資していると考えられないでしょうか。

 

イチオシのVIGやVGT、個別米国株よりも、つみたてNISAで積み立てしているS&P500や全世界株式の方がダントツでリターンが高い状態です

積み立ては最強の習慣

 

配当で得る1万も節約で1万残すのも同じ1万。でも大変さが違います。何となく消費した3万は年3%配当を出す株100万分と同じ価値

月3万円の節約は、高配当株約1000万円分の価値がある

 

予想外に値上がりしてしまった銘柄などを売って組み替えたり、PFのリバランスを行った時に出る売却益がリターンを押し上げ

 

一生に渡って資産を売らず、資産収入を獲得し続けるのがインカム投資です。

 

年間200万円投資をする

1年毎に不労所得

月5000円増えるという事です

 

ルール通りの定期購入とリバランスが、凡人にとってはベストだと考えています。機会損失を起こさない。過剰な投資による損失を発生させない。

 

 

ある友人は自己所有のヨットで世界を巡り、ある友人は世界各国に豪邸を持ちゴルフ三昧の生活をし、ある友人は超高級スキーリゾートで年中過ごしている。

共通点は長期投資家であり、ここぞという勝負所だけ動きますが、普段は配当金で遊んでいます。これが長期投資家の結果であり現実です。

 

配当率3%の銘柄の株価が3%下がったら、保有株数の分だけ買い増しナンピン。評価減の分は配当で戻ってくると考えればいい。こういう無限ナンピンは資金に余裕がないとできないが、このやり方で失敗したことはあまりない。結局、株価は元に戻ることがほとんどだから。

 

 

 

食糧危機は本当に起きるのか?

サバクトビバッタによる被害が1割だったとすると、警戒国の生産量の減少分は、およそ1,695万トン(2019年度の実績をもとに計算)で、この分を輸入でまかなう場合、世界の小麦輸入量はおよそ1億9,672万(同)となり、世界全体の小麦輸入量が9.4%増加します。

 

農作物を食べ尽くすバッタの被害は、温暖化で今後ますます加速する

 

米国国内の大豆在庫が高水準であることについて、触れましたが、近い将来、この高水準に積み上がった在庫が、取り崩される可能性があると、筆者は考えています。

 11月の米大統領選挙に向けて、トランプ大統領が“農家票”を獲得するために、米国の農家にとって、有利な策を推進することで、在庫の取り崩しが起きる可能性があります。

 米国の農家にとって、在庫の取り崩しは喜ばしいことです。例えば、関係が悪化している中国と、貿易戦争をいったん鎮静化させて、中国に米国産大豆を購入させたり、中国以外の国々に、米国産大豆を購入させたりすることを実現すれば、農家は喜び、そのような策を推進したトランプ大統領を支持する可能性が生じます。

 そしてその時、市場では、過剰在庫が取り崩されたことを好感し、価格上昇の動機が生まれます。

生産減少・在庫減少が発生すれば、年末にかけて、穀物価格は反発色を強める可能性も

米中問題はこの数カ月間、悪化の一途をたどり、“第一弾の合意”は、日に日に、不履行となる懸念が高まっていると言えます。

 この不履行となる懸念は、米国内で、今年も大豆の在庫が余ってしまうのではないか?という懸念を生み、大豆価格、引いては、大局的に、同じようなタイミングで山と谷を描く“穀物銘柄”全体の、上値を抑える要因になっていると、考えられます。

 

 

 

米農務省は6月、2020~21年度の世界穀物生産量が27億6000万トンとなり過去最高を更新するとの見方を示した。穀物貿易量も4億5000万トンとこの10年間で1・5倍に増えた。

 

 

投資の必勝法

最初の10年は耐えるべき

投資とは地味で退屈なもの

 

短期取引は結局いつかは負ける。

常にポジションを持ち、有利なポートフォリオを作り続ける。

利益確定せずに、ヘッジを少しずつ増やす。

 

常に弱い物をショートでヘッジする。

暴落保険みたいな物なので、いくら損してもOK。

 

下がれば安く購入できる。

配当率が上がる。何年かに一度のビッグチャンス。唯一の必勝法。

 

上がれば、少しずつ売る

なかなか上がらないのは、安定しており下がっておらず、配当を得るのに非常に良い状態。

 

アメリカでは、一般的な株式に投資することは、長期的には、全体で年10%のリターンを生み出すことにつながります。

 

自分のお金が10%の複利を得られるということは、現在の元本が7年強で2倍になるということです。そして、その次の7年でさらに2倍になるということは、14年で4倍、21年で8倍にまで育つということです。

 

各国の財政出動と金融緩和により、現金への信認が失われ、インフレが起こるリスクがある。若い世代は、株式中心で良い。(バンガード社は、若い世代には90%近くを株式に投資するよう勧めています。)

 

いつでも新車や新築マンションを買うことができる人は、意味も無くこれらを買わないと思います。

いつでも市場から調達できるため、あたかも既にこれらを保有している気になっているのではないでしょうか。

金融資産1000万円を達成した時点で、少額のものであればいつでも購入することができるような感覚になったので、いつでも手に入れることができるという地位を有したような感覚になっており、心の余裕が生まれた。

 

投資を始めて5ヶ月、痛感したのは投資において最も重要なのはゴリゴリの入金力。10万円で1万円の利益を生み出すのは時間がかかるけど、100万あれば1日で1万とか全然ある。お仕事がんばろ。とりあえず元本。

 

 

日銀はロスカットしない

日銀が損を出す合理的な理由がありません。

日銀はロスカットする必要がありませんから。

レバレッジかけて買っているわけではありません

し、限月があるわけでもありませんからね。

含み損は含み損でしかなく、損失ではありません。

個人なら資産を取り崩す場面もありましょうが、日

銀にはありません。

どこかで買入れをやめた後、株価上昇の局面で、同

値で撤退していけば良いだけです。

アベノミクスで上げすぎた分、次の上昇局面の速度

が緩やかになるということです。

長い目で見ればプラマイゼロ。

損切りすると、それは国債発行して世界の資産家に

金を配るのと同義なので、全くよろしくない。

GPIFの方も資産のポートフォリオを維持するなら

ば、リバランスで、安くなったところを買うことこ

そあれ、売ることは有りませんよね?基本は割賦方

式なのですから、取り崩す必要も有りません。GPIF

の運用は配当益が目的であってキャピタルゲイン

的では無いのですから。次の上昇局面では株価上昇

により株の資産割合が高くなりすぎたらリバランス

で、売ることになるはずです。そうすると結果とし

て日銀と同様、同値撤退になる。言い換えれば、市

場に流動性を提供し、配当益だけ受け取る仕組みで

す。

ポートフォリオが株式の割合ゼロのところから段階

的に買い進めてきたので、買い切るまでの今までが

いわば副作用として株価が上がるボーナスステージ

ではありました。むしろ買いきった今から年金運用

の定常運転が始まるのです。

ネタ

たくさん稼いで税金納めてると愛国心と選民意識芽生えて何でこんな低脳低所得どものために
税金納めなあかんねんとイラつくんやろな

 

キムタクの家にもゴキブリ湧くんだな

 

 

石破「防衛問題ガー」安倍「そんなに興奮しないでください(笑) 次の曲はですね、次の曲はですよ?私の十八番でありまして」

 

他人が楽しくしてるとしらけるタイプだなインキャの究極タイプ 


キャンディーズ歌ったあとによく説教できるな笑いこらえるの大変そう

 

ゲル石橋・安倍「会合に誘っても来ない」・麻生「10年間話したことない」・河野「話したことない」・スガ「幹事長室、大臣室、閣議以外で話したことない」・谷垣「8年は話したことない」・金子「挨拶しても返ってこない珍しい人」・太蔵「大嫌い、人望ない」・森嘉「彼がトップに立つくらいなら辻元さんが総理になった方がいい」・斎藤建(側近)「人望がないことを自覚してほしい」・平将明(側近)「派閥の会食くらい出てきてほしい」


これだけやっても庶民のガイジ共に無能無能言われるなんて総理大臣なんて割に合わん仕事やな


【驚愕】兄の総資産が数億に上ることが判明し我が家に戦慄が走る!!!!
言ったらお前はパチ 屋で低設定にワンチャンかけるからやらんと言われた
夕方からのジャグラー代か昼過ぎからのハネモノ代なら
少し出してやると言われてキレた


安牌持ってきたら
話に乗らんことも無いと言っているのね

 

 

ええやん幸せに思えることがあるのはいいことやで

 

やってみたくなる気持ちはわかる

 

ちゃんと頭にアルミホイル巻いとけよ
電磁波が脳に悪影響与えてるぞ

 

ああいう落書き誰がやってんのかと思ったら45歳のおっさんだったのか(´・ω・`)

 

45才が書いてる姿想像したら涙出そうになった

 

 

 

 

多少ピリピリしてるくらいでいいと思うんや小売も飲食もサービス業かてサービスに対価そこまでもらってないんやから
リッツ・カールトンでもないのに


別に強制じゃないけど守った方がいいかもなー
いや強制じゃないんだけどさー
補助金減らされたりファンネルから攻撃されたくないよねー
強制じゃないけどなー
ってやつや

 

誰も得しない事に情熱を傾ける朝鮮マインドに満ち溢れているな

 

踊るバカのせいでこっちまで踊らなアカン

 

どんなコンプレックス抱えて生きてんだこの虫けら

 

とても恥ずかしい雑魚

 

ひとり暮らしの奴って会話どうしてんの?

 

これはマジでナイス
珍しいなこんな案件に韓国が出遅れるなんて

 

残念ながらそういうこともある

 

世界中で引きこもりが大量発生するとこうなるんやな

 

ソシャゲみたいなWHO

 

ブドウの酸は熱に弱いため、温暖化が進んだ地域の白ワインからは失われつつある味わいだ。

気候変動の影響により、ワインの生産地マップの塗り替えが始まっています。
日本では、コメの品質劣化が激しく、今年も品質の低下を招いています。みかんやりんごの生産地も変わってきています。
生産地の塗り替えは、いままで生産できなかった地域にとってはチャンスとなっていますが、これまで生産してきた地域にとっては、経済的だけではなく、地域の歴史・食文化的な崩壊にもつながる大問題です。

 

この界隈は日本が主導権握るの無理

 

一般に通信速度が早くなると消費電力も増えるから
今の技術で作るとタンスみたいなサイズになる

 

金融庁「老後に2000万掛かるとか不安なこと言ってごめんね、もうこの話はしないから

 

馬にモップのせてるみたいな顔

 

日経平均が夏のクリアランスセール開催、2日で820円の大幅値下げ

 

プロレスの台本を知らされてなかった悲劇

 

ヤンキーらはワイの一生分の喜びを1年くらいで回収してそ。奴隷トロッコに揺られながら社畜スレに毎朝いて、俺は何してるんだろう。

子供達も早く自立するから40ぐらいでまた第2の人生スタートやぞ。

バーベキューとか何が楽しいんやあれ
肉は不味いしビールはぬるい
片付けも面倒やし
人生充実マウント取りたい奴が無理してるだけやろ

 

そっすかー、大変ですねー、給料低いっすもんねー、分かりますー(棒)で良いねん
「何か音鳴ってるな」程度で良い

 

年収300万の男さ、早く年収300万の女と結婚したほうがいいぞ
逆も然り

30代婚活女子なら30代じゃなく40~50代を狙わないと
30代年収500万は10~20代の女しか見てない

 

なぜ安くできたのかが書かれていないのが不気味

 

本当に申し訳ないけど30過ぎて面倒かどうかが行動の指針になってるならあなたはかなり人としてダメだ、面倒かどうかより必要かどうかで動くのがお前以外の普通だ

金がかかるとか面倒とか、そんな言い訳するくらいなら俺はどうやって作れないっていう人間の方がまだ素直で魅力的だわ

 

これから先、誰かに対して「馬鹿だなぁ、どうしてそんな失敗をしたんだ」と思うことって多分あると思うんですが、そんなとき、無条件にその人を攻撃するのではなく、一度この話を思い出してもらえれば幸いです。その背景にあるものは、一体何だと思いますか。

 

孫社長は「10秒以上考えるな!」が口グセとのこと。

その意味は「10秒考えてわからないことは、それ以上考えてもちゃんとした答えは出ない。だから、人と議論したり意見を聞きなさい」とのこと。

 

ウケる人は「目の前にいる人の反応」をよく見ています。ウケる人というのは、目の前の人をよく観察し、笑いを欲している雰囲気を感じ取ったとき、そこで初めて冗談を言っているのです。

ご存じ、タモリさんの残した名言に、「やる気のある者は去れ!」があります。タモリさんいわく、「やる気のあるやつは物事の中心しか見ていない。でも、お笑いっていうのは、その周辺から面白いものが始まっていく。だから、真ん中しか見ないやつは全然ダメ」ということだそうです。

 

親ガチャで当たり引いた結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
新卒2年目で年収500万確定
奨学金返済なし
家賃なし食費なし交通費なし車無料

 

どうしてあなたってそんなに馬鹿なの?会いたいにきまってるでしょう?だって私あなたのことが好きだって言ったでしょ?私そんなに簡単に人を好きになったり、好きじゃなくなったりしないわよ。そんなこともわかんないの?

 

ジャンクフードみたいな感動を摂り続けると体を悪くして起業家になってしまう。

 

30: 名無しさん@おーぷん 20/03/19(木)23:03:45 ID:2gz
・人は、自分が生まれた時に既に存在したテクノロジーを、自然な世界の一部と感じる
・15歳から35歳の間に発明されたテクノロジーは、新しくエキサイティングなものと感じられる
・35歳以降になって発明されたテクノロジーは、自然に反するものと感じられる

ダグラス・アダムスの法則

 

 

 

子育て

貧乏な親は大体余裕がない
親の機嫌を取ることに目的が向かうと自己評価がブレて努力の方向がわからなくなる

庶民って話がいつも同じなんですよね。

 

院生のとき脳科学の先生が「幼い頃にぼーっとしたり、遊んだり、親に優しくしてもらうことは土地を拡げることに似てる。逆に勉強とか知識を詰め込んだりすることは建物をたてることに似てる、建物は高くはなるけど、土地が拡がってないから他の建物が建たなくなる」って言ってたことを思い出してる。

 

職業を選ぶにあたって、大卒じゃないとつけない職業もたくさんあります」と自身の経験則を綴る。

「私は国家資格を持っていますが、この資格は基本的に大卒じゃないと受験できません。職業選択の際に最も多くの選択肢があるのは大卒です。よくベンチャーで成功した人は『中卒でも大卒でも同じ』と言いますが、それはたまたまその職業で当たったからです」

 

「しかし体系化された知識や思考として統合することは、天才でない限り難しいと思う。また指導を受けたい教員がいるのであれば、学ばなければならない枠を与えてくれる大学や大学院は、凡人には必要だろう」

 

「若いうちにしっかり努力して学を身に付けていれば、社会人になってからも苦労が苦労と思わず生きられたのかなと感じている。もちろん社会人になってからも、仕事に関しての勉強は必要だが」

 

 

 

 

親は、子どものそばにいて、会話をし、何百万回と聞き返すだけでいい。
これはむしろ心強い話だ。親は心理学の博士号を持っていなくても良いのだから。
「子供が、自分の身の回りで起きていることを観察して学んでいく中で、親のやることが与える影響なんて、些細なものだ」
「その意味するところは、心理学の博士号を取った親が読み聞かせをする場合と、中卒の親が読み聞かせをする場合で、子供の学びに大差は出たりはしない、ということでもある」

 

カールの研究では、赤ちゃんの頭に脳磁波の機器を着け、脳の動きを追った。すると、母親が携帯を見つめた時、赤ちゃんの脳の「恐怖を司る部分」が活発になったのである。

 

脳の8割は3歳までに形成されると言われており、

文科省の「幼児教育無償化の論点」という資料の中でも、様々な論文を引用しながら、幼児教育の重要性が議論されています。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/049/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2009/05/27/1267501_1.pdf

 

 

「『ご飯の時は椅子に座ってね』と椅子の上に立ってる1歳の息子には理解できないのは当然。ただ、言葉が理解できるようになった時『なぜ?』と聞かれたら、自分はなんて説明するんだろう。どの場面でも自分なりに本質を理解し説明できなくてはと思う」

 本田はこれに対し、自身のツイッター(@kskgroup2017)で「ご飯を取り上げて、『ほら、大事なご飯を座りながら食べないと、こうやって敵に取られるよ』、『そう、座ってたら取られそうになっても守れるやろ』って自然界はこんな感じ」と持論を展開した。

 

小さい頃オトナからよく言われた 「本を読め。」という雑なディレクションも、 ああ、あれはコトバを集めろってことだったのだと

 

体が柔らかいと事故に巻き込まれた時死ぬ確率が少しだけ下がるから柔軟やっとけ

長い距離走って移動しなきゃ死ぬって時に役に立つから持久走学んどけ

使う体力が少ない平泳ぎだけは出来るようになっとけ

死ぬ確率を下げるための体育授業。


しかし、日本でよく見られる子育て法で、子どもに二者択一させるというものがありますが、それでは実は始めから親が決めた2つの答え(どちらになっても親の都合のよい答え)だから、子どものオリジナルな意志が全く反映されません。それどころか、子どもオリジナルの意志や思いは育成されずに潰されていきます。

多くの中から子どもが自分の意志で1つ選び出すにはどうしても時間がかかりますが、親がじっくりと待ってあげれば、だんだんと選ぶ時間は短くなってくるはずです。

 

子どもに必要なのは、目的や目標なしで、自分の興味を探求するような「時間と場所」だ。そして、自分の興味関心に付き合ってくれる、無償の愛の提供者である。
例えば、積み木を3分した後に、読み聞かせをもしてくれる人だ。
つまり子どもは、ストレスを軽減してくれて、自分のことが自分でできるようになるまで、面倒を見てくれる大人を最も必要としている。
そしてテクノロジーは、今のところまだ、その代替とはなり得ていない。

 

その研究結果によると、上流階級の子どもは1時間に1500文字以上の言葉を、生活保護の家庭よりも浴びていた。
一年にして、800万語以上だ。そして裕福な家庭に生まれた子どもは、4歳までに3200万以上の言葉を、貧しい子どもより覚えたという。
この格差は、なぜ貧しい子どもが、大きなハンデを負って学校生活を送るようになるかを理解する「鍵」となる。貧しい子どもにとっては、学校の始まりは「言葉の押し付け」になるのだ。

 

赤ちゃんが何を見ているか。そして、赤ちゃんが、親が見ているものに注目できるかどうか。親と赤ちゃんの双方が同じものに注目していることは、言語発達において極めて重要だという。

 

逆境の中にあっても輝く子どもには、「面倒を見てくれる人」の存在が確かにあったということだ。
大抵は、それは祖父母や、コミュニティの中の長老者たちだった。
「逆境に立ち向かう子供たちは、小さい頃に、彼らの欲求に気付いてくれる、感情が安定していて有能な大人最低一人と、関係を築くことができている」
「これらの“愛の栄養”は多くの場合、祖父母や姉、兄、叔父叔母からきている」

 

・自信
・健全な精神状態
・学習意欲
・学校の成績とその後の社会生活での成果
・攻撃的な衝動を抑えることと、争いを非暴力的な手段で解決する能力
・善悪、良い悪いの判断
・カジュアルな人間関係を築く力と、親密な関係を維持する力
・そして究極的には、立派な親になること

 

子どもを常に監視したり、事前に災難を取り払ったりと、何でも過干渉・過保護になると、子どもはリスクを避けるようになる。いわゆる「ヘリコプターペアレンツ」の問題だ。
そして、物事がうまくいかなかった時も、親は慌てない方がいい。転んだくらいで親がパニックになると、子どもは鬼ごっこで遊ぶこと自体をやめてしまう。

 

 

 

 

 

 


何が言いたいのかというと、自らの意志で物事を決定できない子どもは、せっかく天才児の要素を持って生まれ落ちたとしても、天才児にはなれないということです。

 


自らの意志を統一させてそれを外に向けて発信する力は、幼い頃の周囲の大人たちによって生かされるか、殺されるかが委ねられます。

 


天才児たちは、幼い頃から自らの意志を統一させて、それを外に向けて発信する力を潰されなかったからこそ、その天才ぶりを遺憾なく発揮することができている、と私は考えます。

 

サボりはじめて3日以内の学習再開の重要性です。

要は、1日、2日のサボりは大丈夫でも、3日以上サボりが続くと、学習が再開される確率がガクンと減る


ちなみに息子は、そんな私に育てられてきましたので、なんでも自分の意志でパッと決められる子に育っています。が、そもそもの頭の調子は全く未知数。どうなることやらです。

 

 

若林「『なんで勉強しなきゃいけないの?お金が全てなの?』ってことを、俺のガキだから、そんなこと訊いてくると思うんだよね。そしたら、俺は言うよ。『お前、マジで勉強しないと、インフルエンザになっても病院行けないからな』って」

 

 

なお、大泣きした子は15分は泣きつづけるものであるから、15分静かに待ってみるようにする。15分以内に「泣きやみなさい」「置いてゆくよ」と言うと、火に油を注ぐようにいつまでも泣きつづける。むろん、理屈に合った要求は受け入れることであり、そうでないものは気持ちを汲むことである。

 

したことを叱って、本人の人柄をけなさないこと、

 

同じことを一度に何度もくり返して言わないこと、

 

すぐに自分の思うとおりにさせようと思わないこと

 

 


Q. IQ 130の人はどれくらい頭がいいのでしょうか?IQ 100の人よりどれくらい優れていてどんなことができるのでしょうか?

A.
IQ130超えている私から、ご回答します。

ただ、私はIQ100位の人がどの程度なのか、もうあまりわかりません。なぜかいうと小学校や中学校にIQ100 の同級生はたくさんいたと思います。まあ、平均なわけですので・・・。

しかし、ある程度年取ると、周囲がハイレベルな友人ばかりになってしまいます。私の友人は、IQ150-160、京大弁護士、早稲田慶応の外資系社長ー部長、一部上場企業役員東大卒とかのクラスばっかりです。120以上は絶対にあります。いわゆる旧帝大卒とMARCH,関関同立 卒以上の人しか付き合っていない感じです。海外留学組、海外駐在組もいます。

(アメリカの有名な成功者はだいたいIQ150前後のようです。東大の平均は120しかありません。)

なので、目の前に100位の人がいません。とりあえず、IQ110 以下ー100くらいかなーって思う人の特徴を書きます。

(1) 考えるのがとにかく遅い。(まあ、これは当たり前です。IQは頭の回転のよさです。CPUの速度みたいなものです。数値が低ければ遅いです。)

(2) 呑み込みが悪い。器用さはない。

(3) 同時にあまり2つのことができない。集中すると1つしかできない。パラレルなことができない。

(4) それに1時間程度で疲れてしまうようです。私だと3時間以上集中できます。

(5) 大きい設計とか企画ができない。何日まってもできてこない。

(6) 反対にどうでもいい細かいののチェックはできる。誤字脱字とか。

(7) シーケンシャルにしか考えられない。いちいち、頭から説明しようとしたりして、うまくはしょるとか、途中から始めるとかができないかも?

(8) まじめな人が多いけど、やはり天才的だとか、すごいなと思うことは一度もない。

(9) 俯瞰性がない。思考に柔軟性がないのかもしれない。アイディアチェンジができない。

(10) 具体的なことはわかるが、一般化したり、汎用化したりすることができない。

(11) 基本的に数学とか、数字が苦手。(ただまあ、これは文系と理系の違いなだけかもしれないです。高校の数学100点満点の京大卒の人でも、「数学は苦手」っていいます。)

(12) ビジュアル化して説明してもわからないことがある。

(13) 2つ選択肢をあたえると、必ずどっちかになってしまい、たとえば「保留する」とか「どっちも」選ぶことができない。

(14) 時間的概念が希薄。余った時間を他の仕事するとかしない。時間があまったら、なんかぼーっとしているかんじ?

(15) あまりイマジネーションがないかも? 想像力の幅が大きくない。こじんまりしている。

(16) いい点は、だいたいまじめ。同じ単純なことは一生懸命、やってくれる。

 

ダイエット

カロリー高いだけで筋肉にならん糖質いっぱい取ってたら太る。
逆に糖質の量減らしつつ筋肉量維持するために最低限の筋トレと必要十分のタンパク質さえちゃんととってりゃ誰でも痩せる。
けどその生活をこの先もずっと維持できますかと言われると大半の人が制限時期だけ頑張ってその後また元通りの生活に戻るから失敗するだけ。

 

数十秒ほど全力(もしくは全力に近い力)で動き、ちょっと休憩して、再び全力で動き、休憩する……ということを数セット繰り返すのです。

このトレーニングに適した運動はたくさんあり、例えばダッシュでもいいですし、スクワットやバーピー、ジムならランニングマシンや適切な負荷をかけたエアロバイクなどでもできます。

 

たった160秒間の運動で、就寝中も脂肪が燃え続ける!

 

 

 

食事の量をむやみに減らさないことが大事です。減らすのは糖質だけ

また、食べる量を減らしてしまうと、タンパク質も不足しがちになってしまいます。タンパク質が足りないと、筋肉が落ちてしまいます。

食べる量を減らしたことで脂肪が落ちるでしょうが、その分、筋肉も落ちて代謝が下がり、結果として、身体機能が低下してしまいます。

 

そこで、血糖値急上昇を抑える強い味方になってくれるのが「食物繊維」です。食物繊維を多く含んだ食品は血糖値の急上昇を抑えてくれるので、食物繊維を多く含んだ食品から、先に食べはじめるといいでしょう。

また、食物繊維には、水に溶ける「水溶性」と、水に溶けにくい「非水溶性」がありますが、「水溶性」のほうは胃腸でネバネバした物質に変化します。

すると、その後に食べた炭水化物の消化を邪魔して糖質として吸収されにくくして、食後血糖値の急上昇を防いでくれます。

「水溶性食物繊維」は海藻、野菜、果物などに多く含まれるので、まずサラダや野菜スープから食べはじめる「ベジ・ファースト」がいいとされているのです。

 

どうしても「完全な糖質制限」がダイエットへの近道に感じられますが、厳しい糖質制限をすると、エネルギー不足になりやすく、だるくなる、やる気がなくなるなどの症状が出ることもあります。

 

糖質制限って完全にやめるじゃなくて何時もとってた量の半分ぐらいにするでええのに

 

結局は先天的な体質異状でもない限り今とってる糖質量を半分にしつつ軽い筋トレをこなして自分の体重と同等か1.5倍程度のタンパク質をしっかりとる生活さえ一生続けられれば肥満とは無縁の生活送れるで
大切なのはな一時のダイエットやなく一生持続できる食生活と運動を獲得することや